ブルーライトの影響の根拠は?ブルーライトの基礎から影響について

ブルーライトは体に悪影響を与える光と言われています。ブルーライトはテレビやパソコンの画面から発生する光で、電磁波の一種になります。電磁波は波長の違いによって電波やX線、紫外線や赤外線に分けられます。紫外線や赤外線を除き、色が認識できる波長を持つ電磁波は可視光線と呼ばれ、青い色を持つブルーライトは可視光線に当てはまります。
可視光線の波長は380から770ナノメートルで、波長の長さによって色が変化します。380から500ナノメートルで波長が短く紫外線に近いブルーライトは、角膜や水晶体では吸収できず、そのまま網膜まで届いてしまうことが目にダメージを与える根拠になっています。長時間光を浴びて網膜に対するダメージが蓄積されると、網膜の中央にある黄斑が徐々に劣化してしまいます。黄斑が衰えると物が見えにくくなり、細胞の老化が進むと加齢黄斑変性を引き起こす原因になります。加齢黄斑変性になると物が歪んで見えたり、視界の中心が黒く塗りつぶしたように見えることがあります。この他にも光がチラつくことで眼精疲労や痛みを感じることもあります。
ブルーライトは目だけではなく、体にも影響を与えます。この光には日光を浴びているのと同じ効果があるため、自律神経が調節されて活動に適した状態に体を整えていきます。体内にはサーカディアン・リズムと呼ばれる時計が備わっていて、約24時間周期で活動と休息を促しています。
寝る前に光を浴びてしまうと、眠りに必要なメラトニンの分泌が少なくなるので、体内時計が乱れてしまい、熟睡できない眠れないといった睡眠障害になる可能性が高くなります。眠る前にスマートフォンやタブレットを眺めることは、睡眠を遠ざける原因になってしまいますが、目覚めた時に浴びると体内時計が調節されて覚醒しやすくなると言われています。
日光のような強い光は、アドレナリンの分泌を促す働きもあります。アドレナリンは交感神経を優位にするホルモンなので、心拍数や血圧を上げて心と体を興奮状態にして素早く動ける状態にします。脳を活性化させて集中力を高めるため活動には最適ですが、長時間続いてしまうと常に緊張状態になっているため、筋肉が固まって頭痛や肩こりを引き起こし疲れを感じやすくなります。
ディスプレイを見続ける時は目と体の負担を軽くするために、1時間の作業につき15分の休憩をはさむことが推奨されています。さらにディスプレイの明るさを抑えたりPCメガネをかけたりすることは、光の影響を抑える対策になります。